人気ブログランキング |


瀬戸内国際芸術祭2013で建築をつくる(石井大五+フューチャースケープ)


by 石井大五+フューチャースケープ建築設計事務所

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

以前の記事

2016年 10月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月

カテゴリ

全体
瀬戸内国際芸術祭2016
瀬戸内国際芸術祭2013
トイレの家 作品紹介
トイレの家 出来事
トイレの家 工事
トイレの家 イベント
伊吹島 ご案内
観音寺 ご案内
香川県 ご案内
瀬戸内海 ご案内
四国 ご案内
House of Toilet
未分類

タグ

(62)
(49)
(32)
(22)
(7)
(6)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)

最新の記事

伊吹島とはこんなところ 瀬戸..
at 2016-10-20 10:51
伊吹島とはこんなところ 瀬戸..
at 2016-10-18 00:33
伊吹島とはこんなところ 瀬戸..
at 2016-10-15 23:41
伊吹島とはこんなところ 瀬戸..
at 2016-10-14 14:09
伊吹島とはこんなところ 瀬戸..
at 2016-10-14 13:31

その他のジャンル

外部リンク

ブログジャンル

四国
建築・プロダクト

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

観音寺とはこんなところ うどん巡り「かなくま餅福田」

うどん県香川と言えども、観音寺の「かなくま餅福田」でしかいただけないのが、「白みそアン雑煮うどん」。
e0331722_1552411.jpg
いりこの出汁と白味噌で仕立てた汁に、あんこを入れた餅をトッピングしたうどん。初めて、連れて行っていただいた時、頼むのに、相当、勇気が入りました。
e0331722_15523664.jpg
e0331722_15534798.jpg
e0331722_15533456.jpg
西日本には、雑煮にあん餅を入れる地方があり、香川県もその一つという知識はあっても、東日本に生まれ育った人間からすると、うどんに、スイーツを入れるのは、不気味そのもの。
価格はリーズナブルな500円としても、これを食べると、後味の悪い一日が、その後に待ち構えている予感もしました。

しかし、お連れいただいた観音寺市役所のうどん番長を立て、なおかつ、不安そうな僕に、アン餅2個の一つを、砂糖なしのアン餅にしましょうか、と提案してくださったお店の方に免じ、覚悟を決めて、お願いしてみました。
e0331722_15542533.jpg
結果は正解でした。

先ず、ここの汁は、今までいただいた讃岐のうどんの中でも、もっともいりこの出汁が効いていて、潮の記憶に満ちた出汁と優しい白味噌の組合せが、先ず絶品。そして、そのいりこの強さに、アン餅の甘さが、思い掛けないほどしっくり来ています。試しに、砂糖なしのアン餅を食べると、こちらは、どこか物足りない、というか、当たり前で、通り過ぎてしまうような味でした。

ちなみに、いりこは、伊吹島産です。

東とは違う西の食文化が、この小さな一皿に映し出されています。

このうどんにはまって、それ以来、何度か、店を訪れたのですが、食べるのが難しいことと言ったらありません。
先ず、「白みそアン雑煮うどん」は、冬の一時期しか出していないので、その時期に観音寺に来る予定がないとチャンスがないこと。そして、定休日は月曜ですが、祝日の月曜日は、当然開店と思って行けば、お休み。平日の夕方5時に行くと閉店。それを学習して、平日の夕方4時に行くと売り切れ。そして、手打ちのため、朝は、10時以降でないとうどんを出していません。

何度言っても駄目で、やっと食べることができたのは、1年と1ヶ月後でした。
次回、いただけるのは、どれぐらい先でしょうか。

元々は、お遍路道にあたる、観音寺から丸亀に向かう街道沿いで、餅を目玉に店を始めたそうです。道路拡張で、後退して、改築された店は、ポストモダニズム調。
伝統的なうどんとポストモダニズム調建築の関係は、一見ミスマッチに思えるうどんとアン餅の組合せに重なりました。

http://www.kanakuma-fukuda.jp/
e0331722_15551215.jpg
e0331722_15552519.jpg

by future-scape | 2014-04-12 15:57 | 観音寺 ご案内