瀬戸内国際芸術祭2013で建築をつくる(石井大五+フューチャースケープ)


by 石井大五+フューチャースケープ建築設計事務所

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

以前の記事

2016年 10月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月

カテゴリ

全体
瀬戸内国際芸術祭2016
瀬戸内国際芸術祭2013
トイレの家 作品紹介
トイレの家 出来事
トイレの家 工事
トイレの家 イベント
伊吹島 ご案内
観音寺 ご案内
香川県 ご案内
瀬戸内海 ご案内
四国 ご案内
House of Toilet
未分類

タグ

(62)
(49)
(32)
(22)
(7)
(6)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)

最新の記事

伊吹島とはこんなところ 瀬戸..
at 2016-10-20 10:51
伊吹島とはこんなところ 瀬戸..
at 2016-10-18 00:33
伊吹島とはこんなところ 瀬戸..
at 2016-10-15 23:41
伊吹島とはこんなところ 瀬戸..
at 2016-10-14 14:09
伊吹島とはこんなところ 瀬戸..
at 2016-10-14 13:31

その他のジャンル

外部リンク

ブログジャンル

四国
建築・プロダクト

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

伊吹島とはこんなところ 地蔵盆

   →伊吹島とはこんなところ

8月23日、朝起きると、芸術祭宿舎のある一郭の天水井戸の回りで、皆さんが行事の準備をしていました。
e0331722_20225626.jpg
e0331722_20232959.jpg
今夜は地蔵盆。この井戸で亡くなった子供を供養するために、開かれるようになったそうです。
戦前に遡る行事のようですが、地蔵盆自体は、集落の他の地区では行われておらず、この地区だけの行事です。島の方の、他者への優しさに立ち会う気がしました。

地区住民の一人として、お手伝いです。家の軒に、配線を渡し、このために、年に1回取出される提灯を吊して行きます。
e0331722_20225471.jpg
夜、暗くなると、細い路地の両脇に吊るされた提灯に灯がともりました。
e0331722_20232231.jpg
井戸に祀られたお地蔵様の社の前に、敷物が敷かれ、ご婦人方が、数珠を手に、ご詠歌を唱えます。
e0331722_20235032.jpg
島にたくさん人がいた頃は、盆踊りも出たほど盛大でしたが、今はご詠歌を唱え、その後、お供え物を、近隣に配るだけです。
e0331722_2025320.jpg
盆踊りがなくなり、人が減り、空気もしんみりとしていますが、その静かな時間が、かえって、悼む思いと重なります。
そして、どこか哀調のあるご詠歌の祈りは、夏を送り出すように聞こえて来ました。
by future-scape | 2013-08-31 20:12 | 伊吹島 ご案内