人気ブログランキング |


瀬戸内国際芸術祭2013で建築をつくる(石井大五+フューチャースケープ)


by 石井大五+フューチャースケープ建築設計事務所

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

以前の記事

2016年 10月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月

カテゴリ

全体
瀬戸内国際芸術祭2016
瀬戸内国際芸術祭2013
トイレの家 作品紹介
トイレの家 出来事
トイレの家 工事
トイレの家 イベント
伊吹島 ご案内
観音寺 ご案内
香川県 ご案内
瀬戸内海 ご案内
四国 ご案内
House of Toilet
未分類

タグ

(62)
(49)
(32)
(22)
(7)
(6)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)

最新の記事

伊吹島とはこんなところ 瀬戸..
at 2016-10-20 10:51
伊吹島とはこんなところ 瀬戸..
at 2016-10-18 00:33
伊吹島とはこんなところ 瀬戸..
at 2016-10-15 23:41
伊吹島とはこんなところ 瀬戸..
at 2016-10-14 14:09
伊吹島とはこんなところ 瀬戸..
at 2016-10-14 13:31

その他のジャンル

外部リンク

ブログジャンル

四国
建築・プロダクト

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

トイレの家 上棟式とモチマキ

6月6日、上棟です。

今日は、上棟式の後に、モチマキを行いますが、どのぐらいの人に来ていただけることやら。
e0331722_2353194.jpg
モチ付きと同じく、モチマキも初体験です。生まれも育ちも東京ですが、物心ついた頃から、見たことがありません。
伊吹島も、実は、久しぶりで、人によっては、10年振りとか25年振りとか言っています。東京とは理由が違い、新築の家がなかったことが理由ですが、島の子供たちにとっても、初体験なのです。
e0331722_23525869.jpg
上棟とモチマキの準備で、建設会社も、大工さんも、僕も、朝から大忙し。モチマキ自体は15分程度ですが、屋根に上れるようにしたり、ふつうの人が現場に近づけるようにしたり、景品を用意したりと、準備に手間が掛かるものでした。

上棟式の始まる時間が近くなると、少しずつ人が集まって来ました。小中学生も先生に先導されてやって来ます。大人も子供も、手に大きな袋を持っているか、前掛けをしています。

なぜ?。

撒かれるモチや菓子をキャッチするためです。
e0331722_2355675.jpg
e0331722_23555175.jpg
午後4時、棟梁の祝詞で、上棟式が始まりました。屋根に上るのは、観音寺市の芸術祭の窓口、経済部部長の石川さん、建設関係者、そして、設計をした僕となります。
e0331722_23564111.jpg
屋根の四隅に据えたスマモチにお神酒を掛け、それから、棟につくった祭壇を拝み、乾杯。
e0331722_23572863.jpg
そして、石川さんが芸術祭に向けた檄を飛ばすと、いよいよモチマキです。
e0331722_23571252.jpg
先ず、スマモチを投げます。
e0331722_23593077.jpg
スマモチとは、初めて聞く言葉ですが、大小の餅を重ねたお備え餅で、受け取った人は、家が立つという縁起物。結婚式のブーケ同様、予定がありそうな人が目配せを送って来ます。はい、差し上げます。
e0331722_00741.jpg
そして、お待ちかねのモチ投げの開始!!。
e0331722_23595389.jpg
今回の景品のかなりの部分を、自腹を切って用意したのは、建設会社の伊井工務店の社長の伊井さんです。中途半端な数では盛り上がらないということで、相当頑張っていただき、予想していた以上の景品が揃いました。そこに電気の酒井電設さん、観音寺市役所、そして僕が上乗せしたので、何とか様になりそうです。

屋根から投げるのは、当然お餅、そして、いろいろなお菓子や練り物、ティッシュペーパーのような、人に当たっても害のない軽いもの。
その他に、木札と言って、景品の名前を書いた板を投げます。そちらは、缶ビールとかバケツとか日用品のセットで、別の場所で交換となります。

僕も、子供用の木札をつくりました。
e0331722_044933.jpg
景品は、外国を旅行した際に買ったお土産とコイン。今回、トイレの家を抜ける光のスリットの一部は、世界の6大陸の6都市を差しており、それに因んだ世界とのつながりに、思いを馳せてもらう景品です。
「ミャンマーのTシャツ」「ノルウェーのろうそく立て」「ノルウェーのおろし金」「ボリビアの財布」「スリランカのポシェット」そして、いろいろな国のコインです。

モチ投げが始まると、とにかく、空気が変わりました。声も大きくなり、身体や手を動かして、アピールします。名前を呼んで、指名して来る方もいます。
e0331722_065024.jpg
e0331722_08302.jpg
とにかく大混乱ですが、場にあふれた皆のエネルギーが、わっとこの建物に降り掛かるようで、モチマキとは、皆さんに良い運気をお分けするだけでなく、皆さんの運気でこの建物を守っていただくことなのだな、と感じました。
e0331722_0104427.jpg
物には限りがあり、景品も底を付き、あっと言う間に、モチマキは終了。

でも、終わった後も、翌日も、翌々日も、モチ投げで○○をもらってありがとう、とか、とても楽しかったよと、皆さんから、声を掛けていただきます。お出でいただき、こちらこそありがとうございました。企画した者としては、ほんとうに喜んでいただけたようで、何よりです。
そして、景品のお礼は伊井さん他の皆様に、楽しい記憶の背景にはトイレの家を、お忘れなく!!
e0331722_013834.jpg
最後に、取材に来ていただいたたくさんのマスコミの方ありがとうございました。
by future-scape | 2013-06-09 16:53 | トイレの家 イベント