瀬戸内国際芸術祭2013で建築をつくる(石井大五+フューチャースケープ)


by 石井大五+フューチャースケープ建築設計事務所

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

以前の記事

2016年 10月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月

カテゴリ

全体
瀬戸内国際芸術祭2016
瀬戸内国際芸術祭2013
トイレの家 作品紹介
トイレの家 出来事
トイレの家 工事
トイレの家 イベント
伊吹島 ご案内
観音寺 ご案内
香川県 ご案内
瀬戸内海 ご案内
四国 ご案内
House of Toilet
未分類

タグ

(62)
(49)
(32)
(22)
(7)
(6)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)

最新の記事

伊吹島とはこんなところ 瀬戸..
at 2016-10-20 10:51
伊吹島とはこんなところ 瀬戸..
at 2016-10-18 00:33
伊吹島とはこんなところ 瀬戸..
at 2016-10-15 23:41
伊吹島とはこんなところ 瀬戸..
at 2016-10-14 14:09
伊吹島とはこんなところ 瀬戸..
at 2016-10-14 13:31

その他のジャンル

外部リンク

ブログジャンル

四国
建築・プロダクト

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

トイレの家 プレカット工場見学

「トイレの家」は、木造建築としては、複雑なところがあり、その成功は、ひとえに、優秀なプレカット工場が見つかるかどうかに懸かっていました。
お願いすることになった工場は、観音寺から車で1時間ほど、愛媛県の新居浜にある三王ハウジングでした。

http://www.sanno-jp.com/

島四国を午前中で切り上げ、打合せと工場見学を兼ねて、新居浜にお邪魔しました。
e0331722_15265742.jpg
この工場には、日本に30台程度と言われる、ドイツのフンデガー社製の工作機械があります。東北には、複数所有している会社がいくつもあるというから、実質的には日本全国に20社余り。四国には、他に2社だけです。
e0331722_15274945.jpg
工場には、日本製の機械もたくさんありましたが、速いスピードで加工できるものの、それぞれの機械ごとに機能が特化しているのが、日本製。それに対して、フンデガー社の機械は、スピードでは劣るものの、1台で、マルチに複雑な加工ができることが特徴です。ドイツと日本の機械観というか労働作業観の違いが伝わる話です。
今回、この工場に白羽の矢が立ったのも、複雑な角度で交錯する架構の仕口加工に向いたフンデガー社製の機械の存在が、大きいようです。
e0331722_15285691.jpg
そして、この会社のもう一つの強みは、高度な作業のできる3DのCADオペレーターを抱えているため、製作の前段階となる、複雑なコンピューター入力やコンピューター上での仕口検討も、万全ということです。モニターを見ながら、完成した3Dのモデリングで、仕口や納まりを確認するのですが、模型や設計図では、少し曖昧だったところも、はっきりと確認できました。
e0331722_15293849.jpg
ドイツで仕事をしていた業務部長の秦さんが、現地でのフンデガー社製の工作機械の活躍を見て、実家の工場に導入を働き掛けたのが始まり。今では、大型木造建築の特殊工法で有名な山形の会社の中国、四国地区の工事や、住友の城下町、新居浜を拠点の一つとする住友林業の物件など、手がける範囲が広がって来たそうです。工場内を見学するだけで、木造建築の可能性が、次々に想像できました。

工場見学に打合せで、技術面でも安心しましたが、おもしろそうな物件に関して、興味旺盛な秦さんの様子から、技術に人の意志が加わると、盤石だな、と思った工場訪問でした。
by future-scape | 2013-05-15 15:30 | トイレの家 工事