「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!


瀬戸内国際芸術祭2013で建築をつくる(石井大五+フューチャースケープ)


by future-scape

プロフィールを見る

以前の記事

2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月

カテゴリ

全体
瀬戸内国際芸術祭2013
トイレの家 作品紹介
トイレの家 出来事
トイレの家 イベント
トイレの家 工事
伊吹島 ご案内
観音寺 ご案内
香川県 ご案内
瀬戸内海 ご案内
四国 ご案内
House of Toilet
未分類

タグ

(52)
(39)
(32)
(19)
(6)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)

最新の記事

伊吹島とはこんなところ 百手祭
at 2016-03-01 22:24
伊吹島とはこんなところ 冬の..
at 2016-02-20 02:05
伊吹島とはこんなところ 欠航
at 2016-02-10 23:43
トイレの家 architec..
at 2015-12-17 17:16
トイレの家 Modulorで..
at 2015-01-10 21:51

人気ジャンル

外部リンク

ブログジャンル

四国
建築・プロダクト

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

伊吹島とはこんなところ 百手祭

百手祭は、今年の五穀豊穣や大漁、厄除けなどを祈念して、旧暦の2月1日前後に行われる弓射の行事です。四国にはかなり残り、香川県では、特に西讃地域に多く、伊吹島の百手祭もその一つとして、江戸時代からの記録があります
e0331722_21421338.jpg
百手とは、1手2本で百手200本の矢を射ることを指し、東京の明治神宮で、年に数回、平安時代の装束に身を包んだ射手が古式に則り行うのを、ご覧になった方もいらっしゃるかと思います。

厄年の人が射子(射手)となることが多いようですが、伊吹島では、昔から、厄年の島民と中学生が射子となっています。昔、数百人の中学生がいた頃は、中学生の射子だけでも40人近い数となり、それさえも、希望者全員が出られる訳ではありませんでした。ただし、今は、厄年と中学生だけでは数が足らず、この島の一大産業である「いりこ」関係者も加わっています。2016年の出場者は、中学生3人と厄年および「いりこ」関係者の男性15人の18人。在住者だけでなく、出身者で近在にお住まいの方も参加しています。

さて、日曜日の百手祭を控えた金曜日。舞台となる伊吹八幡神社の鳥居には幟が立ち、的場となる空き地では草むしりが行われていました。
e0331722_21432423.jpg
e0331722_21435042.jpg
そして、神社の本殿には、的が用意されていました。
e0331722_21442498.jpg
驚くなかれ、この的は、島民の自家製。取り寄せた竹を割って編んで、下地をつくり、そこに和紙を張り、墨で的を書きます。それが伝統なのか、中央の黒的は筆で、的の外周を縁取る黒線は藁で書くそうで、線の粗さが、対照的です。
的は、毎年新調していましたが、今年、初めて昨年のものを使うことになりました。担い手の不足が理由です。ただし、矢で射るのだから当然といえば当然ですが、和紙は新調しています。張り合わせた和紙の乾きの時間の関係から、1週間前に作業を行います。

さらに、集落の6分団から交代で2分団が一人ずつ代表を出し、2日前から社務所に籠って、島民に配るお神酒代わりの甘酒づくりをするのも、この島の伝統。そして、その代表の一人は、祭の当日の朝4時から5時ぐらいに、港に儀式で使う海水を汲みに行くそうです。誰と会っても話してもいけないとのこと。奥の深い祭です。

翌日の土曜日は雨。本来なら、この日に的場の設営もある程度行いますが、天候のため、当日の早朝に順延されました。
雨も上がり、晴れ上がった日曜日。
e0331722_21451986.jpg
朝から、青年会が中心となって、席を設え、的場をコの字に囲むように筵(むしろ)を掲げ、竹で控えを取って、的を設置します。
e0331722_21455892.jpg
今まで見たことのある円形の的とは違い、惚れ惚れするぐらい、風情のある的。
e0331722_21462828.jpg
e0331722_21464626.jpg
後ろの竹の下地の影が逆光で落ち、それがまた味わいを深くしています。
e0331722_2147181.jpg
中央の黒丸は、単なる黒丸に非ず。実は、「鬼」という字を書いて、その上を黒丸でつぶしています。近づいて見ると、黒い丸の中に、うっすらと黒く、鬼らしい文字の線が読み取れます。
e0331722_21474872.jpg
さらに詳しくいえば、「鬼」の文字は、「鬼」に非ずして、「甲」と「乙」、そして、無を意味する「ム」の3文字を組み合わせて「鬼」に似せた字にしているという説もあるようで、意味するところは、「甲乙なし」「正月から争いをしない」ということのようです。

午前10時、伊吹八幡神社の社務所の前に、神社の神職、総代、島の各種団体の長、そして、本日の射子、羽織袴に身を包んだ中学生と厄年の男性が集まりました。一列に並ぶと、神事「神度卸」の始まりです。
e0331722_21482083.jpg
先ずは神主を先頭に、本日の百手祭の的場を横切ります。
e0331722_21491090.jpg
一回りして、神社の鳥居から、再び社務所の前に出ると、今度は、参道の階段を上り、本殿に向かいます。
e0331722_21493349.jpg
関係者が本殿に昇ると、お祓いや祝詞の奏上、玉串奉奠などが30分にわたって、厳粛に行われました。
e0331722_2150533.jpg
儀式を終えた一行は、境内にある小さな社、若宮神社にお詣りし、本殿の橋掛かりの下をくぐって、今度は、集落の奥にある荒神社に向かいます。
e0331722_21504945.jpg
e0331722_2151780.jpg
e0331722_21512780.jpg
荒神社に参詣すると、次に目指すのは、集落を突っ切った先にある、西の天神社。
e0331722_2152117.jpg
e0331722_21522446.jpg
そして、参詣後、再び伊吹八幡神社に戻ります。集落の中央を大きく回ることで、集落全体を、神事に合わせて、清めているようにも見ました。
e0331722_2152529.jpg
ここで昼休みです。

午後0時半、18人の射子たちが、的場に設けられた席に着きました。
e0331722_21541990.jpg
e0331722_21544285.jpg
e0331722_21535422.jpg
式次第は、最初は「試射」。それから、本番前半の「かわらけ」への弓射、そして、後半の「黒的」への弓射となります。「かわらけ」の弓射では、「かわらけ」を割ると、1回に付き3000円の報奨金が出ます。これは、1回当たりが出ても、終わりとはならず、何巡りも続きます。
そして、メインイベントの黒的の報奨金は25万円。これは、当たりが出た段階で終了。何とも、大盤振る舞いの金額で、島にいくつもある漁業組合の後援によるもの。豊かな漁業の島ならではです。

先ずは、試射。前組と後組、9人ずつの2組に分かれて、一巡ごとに一人一手2本ずつ、代わる代わる矢を射ります。
e0331722_215520100.jpg
e0331722_21553858.jpg
的までは10m程度の距離。射子の立つ位置より、的の位置が小高くなっており、そこ立てた的の中心の高さは、2m程度。上向きですから、難度がかなり高くなります。
e0331722_2156891.jpg
e0331722_21562737.jpg
弓矢は、一部は貸し出しですが、島に、本物の弓矢を飾る習慣があって、今でも、かなりの家に残り、自前も多いようです。
中学生は、学校で少し練習をするそうですが、大人は、ほぼぶっつけ本番。
試射の回を重ねると、少しずつ、的に当たる率が増えて来ました。50分程度の試射で、「かわらけ」の的に変わります。
e0331722_21572775.jpg
さあ、ここからが本番。見物の人も増えて来ました。
e0331722_21575172.jpg
的の近くを射る率が、ますます高くなった気がするのは、現ナマが懸かったからなのか、それとも試射の効果でしょうか。
e0331722_2159211.jpg
この「かわらけ」で、座をさらったのは、中学生の射子。当たりそうで当たらない射子が多い中、「かわらけ」を3度当て、報奨金を獲得しました。今日の優勝候補の一人に浮上しました。
e0331722_2158249.jpg
「かわらけ」にかすっても、当たりは当たりなので、判定員が的に近寄り、審議し、確認します。
e0331722_21594322.jpg
そして、とうとう、お目当の「黒的」の時間です。
e0331722_2201699.jpg
「黒的」の上に、百手祭を祝う特別な紙が貼られ、その下には、本日の報奨金の後援者の名が掲げられます。注連縄も懸かりました。中央下の「一金二十五万円也 黒星賞」がその報奨金に関する張り紙。その右や下段の金額は、どの漁業組合がどれだけお金を出したかを示すものです。
e0331722_221143.jpg
さて、「黒的」になると、かわらけの時以上に、的近くを抜く矢が増えて来ました。回を重ねるたびに、皆さん、腕を上げてますね。優勝候補の中学生もうかうかとしていられません。
e0331722_2214658.jpg
e0331722_2221855.jpg
ぎりぎりはあっても、1巡目は、結局、誰も的中せず、2巡目となります。射子の立ち位置を示す地面のむしろが、1mほど前に動きます。
e0331722_22302.jpg
的中が出ないと、少しずつ、立ち位置を前に移動させ、当たりやすくして行くのです。年によると、延々と何度も前に出しても、的中者が現れず、4時近くまで続くこともあるそうです。

2巡目に移ります。まずは、前組。「黒的」の近くを攻める射子はいても、本丸は落とせません。
e0331722_2232575.jpg
そして、後組へ。一人目、二人目と続きます。もう少しだったのに、微妙に外しています。
e0331722_2235057.jpg
三人目に現れたのは、旧知の網元。インフルエンザで倒れ、出場がかなわなくなった息子の代わりの出場ですが、背後の筵(むしろ)に当てたり、的の縁を抜いたり、試射とかわらけを経ても、いまだ弓矢をコントロールできず、腕がふらふらと、心もとない感じです。そして、弓を放ちました。
e0331722_2242044.jpg
当たった!!!!!!!!
e0331722_22447100.jpg
午後2時50分、2時間半に及ぶ勝負を制したのは、いちばん泡沫候補に見えた網元(失礼!)。数々の優勝候補を押しのけて、見事「黒的」に当てました。的外れな矢ばかり射っていたのに、命中させてしまうとは、これだから、勝負は分かりません。ご本人は大喜びですが、観客は、予想外の優勝者に、少しあっけに取られています。
e0331722_225624.jpg
「かわらけ」の的中の際には、的場の審議員が判定しましたが、25万円の「黒的」となると、公正を期するために、島の長老の出番となります。的場を見下ろす公民館に陣取った長老の元に、的の紙とその紙を射抜いたままの矢が持ち込まれます。お三方による厳正な審査の末、網元の的中が認定されました。まあ、今回は、微妙な当たりではないので、誰も異論がありません。おめでとうございます。
e0331722_2253725.jpg
しかし、弓射は、まだ少しばかり続きます。2巡目の残りの人のために、「かわらけ」を用意して、粛々と行われます。しかし、「黒的」が出るのを見たせいか、島民も帰り支度、そして、モチベーションが下がってしまったのか、「かわらけ」に当てる射子もいませんでした。しかし、「黒的」的中で幕引きにせず、淡々と残りの式次第が続く感じも、個人的には嫌いではありません。
e0331722_226475.jpg
e0331722_2262220.jpg
行事は終了しましたが、祭りはこれで終わりではありません。的中させた優勝者は、25万円を受け取りますが、それとともに、宵に、関係者を招いた宴を開かなければなりません。正確には、すでに宴は準備されており、その費用を優勝者が負担することになります。宴の費用は差し引いても、ちゃんと賞金は残るそうですから、ご心配なく。
# by future-scape | 2016-03-01 22:24 | 伊吹島 ご案内

伊吹島とはこんなところ 冬の夕暮れ

海に囲まれ回りに大きな島のない伊吹島は、夕日の名所ですが、その夕日のいちばん美しい季節は冬でしょう。
e0331722_28887.jpg
ほんとうに天気がよければ、四国本土から中国山地まで水平線を縁取る島や陸地が、逆光に浮かび上がり、湖のような瀬戸内海の夕日です。
e0331722_285533.jpg
太陽の落日するのは、この季節、新居浜市に属する四阪島から、その向こうの、四国本土の西条市から今治市に掛けての緩やかな山稜。海に残照をにじませながら、日が沈んで行きます。
e0331722_291374.jpg
島から四国本土の観音寺に向かう最終便の出発時刻は17時10分。冬至でさえ、ほぼ日没と同じ時刻ですから、この夕暮れの絶景を望むには、島に泊まるしかないようです。
e0331722_210420.jpg
e0331722_293857.jpg
e0331722_2102669.jpg
e0331722_216562.jpg
夕日の落ちる西方面だけでなく、反対側の東方面、夕日をかすかに浴びながら暮れて行く庄内半島も、また、静かな美しさです。
e0331722_2204877.jpg
最終便が出ると、人の気配も消え、島は、ひっそりとした夕暮れを迎えます。自分だけで、瀬戸内海の夕日を独り占めしているようにさえ思えて来る伊吹島の夕暮れです。
e0331722_2135166.jpg

# by future-scape | 2016-02-20 02:05 | 伊吹島 ご案内

伊吹島とはこんなところ 欠航

内海である瀬戸内海は、波の穏やかなイメージがありますが、この伊吹島のあたりでは、冬になると、荒れる日が多くなり、島と本土を結ぶ連絡船の欠航が頻繁となります。
e0331722_2350222.jpg
この航路を走る船が軽量なアルミ船というのも、欠航率を高くする理由。重いスチールの船に比べ、速いが波に弱いという特性故です。

ひどい時には、3、4日欠航が続き、そうすると、物資の運搬を船に頼るこの島では、3軒ある店の商品も売り切れ状態。備蓄がなければ、食材がなくて途方に暮れる状況に陥いります。

欠航の日に、是非ご覧いただきたいもの。それは、テレビの島内専用チャンネルで流れる欠航のお知らせです。白い地に黒字で必要最低限の情報が書かれた素っ気ない画面ですが、その「日常茶飯事だから特別に趣向を凝らして演出するようなものではない」感に、却って、島らしさを感じるのは僕だけでしょうか。
e0331722_23502751.jpg
予定がある場合、欠航は困りものですが、しかし、どうしようもありません。腹をくくってあきらめると、ゆったりとした静かな島の時間が現れます。散歩に出れば、風情ある路地があり、瀬戸内の島並が見え、すばらしい夕暮れが広がります。そう、考えようによっては、欠航も乙なもの。
# by future-scape | 2016-02-10 23:43 | 伊吹島 ご案内

トイレの家 architectur technikでの紹介

「トイレの家」を、スイスの雑誌architectur technikに掲載していただきました。掲載から少し時間が経ちましたが、雑誌が送られて来ました。建築の源泉となった伊吹島について、こちらで提供した情報以上に、編集者が独自でいろいろ調べて書いて下さった部分もあり、ちょっと驚きました。ありがとうございます。

http://www.architektur-technik.ch/
e0331722_17201482.jpg
記事の翻訳は下記となります。

中心としての周縁

トイレとどう向き合うかということは、いつも文化的、歴史的次元に属している。日本の建築家、石井大五+フューチャースケープ建築設計事務所の設計し、日本の離島の校庭に立つ「トイレの家」は、それを一歩先に進めた作品である。

建築言語として表わされた伊吹島の課題とは、周縁と中心に関するものであり、瀬戸内海における文化的、地理的重要性だった。

3年毎に、瀬戸内海の12の島で開かれる瀬戸内国際芸術の他の多くの作品同様、小さな島、伊吹島にある石井大五による「トイレの家」は、会期期間外も、来訪が可能である。だから、周縁として扱われ、今は、重要度が低くなった、約1キロ四方の島を地図で見付けることは簡単かもしれない。伊吹島は、瀬戸内海が育んだかたくちいわしを漁獲し、加工したいりこの生産量では日本一の島である。そして、歴史を辿れば、江戸時代(1603-1868)には、船便が寄港し、当時の大きな都市(広島や神戸)と直接結ばれていた場所でもある。

だから、石井大五にとって、ここは、周縁の場所では決してなかった。そして、「トイレの家」に、中心であることを定義する軸と座標を交差させたのだった。校庭に立つ「トイレの家」は、一義的には建築であり、同時に、周縁と中心、大都市と地方、ローカリティーとグローバリゼーションの間の緊張関係を変容して表現したものでもある。

ローカルとグローバルとの関係は、トイレの家の形をつくるに際しての基礎であり出発点であった。トイレの家の内部の路地や素材は、島の集落の景観からもたらされている。この島では、民家のトイレは、いつも、母屋の外に、離れとして置かれ、例外なしに、切妻屋根が掛けられている。そして、雨水を、水槽に溜めている。建築家は、このトイレで、中心としての家と、周縁としてのトイレを融合させている。トイレの家は、そういう風に、島にたくさんあるトイレの離れのタイポロジーに基づいてつくられたものだ。
内部の路地の、迷路ような折れ曲がったレイアウトは、島の狭い路地に基づいており、女性用、男性用、障害者用トイレへのアクセスとして機能する。非対称の平面計画は、恣意的に選ばれたものではない。6つの世界的な都市(東京、ロンドン、ナイロビ、ニューヨーク、サンパウロ、シドニー)の地理的な座標を反映した結果である。建物を包む素材は、島での事前調査に基づいている。島のファサードの典型的な素材である黒い焼き杉は、路地の内側に入り込み、室内まで使われている。屋根と壁の光の明暗は、また別の体系に従っており、それは、1年の中の5つの特別な日(夏至、冬至、3つの島の行事の日)の朝9時の太陽方位に合わせたものである。参照とした枠組みが複雑に重なり合っているにもかかわらず、あるいは、重なり合っているからと言うべきか、トイレの家は、密度においても、規模においても、静かな村の雰囲気や地政学的な条件を映し出している。

今、ここで、トイレに関する驚くべき試みが始まったのではないか、と考えてしまうのは、当然のことと言えば、当然である。


注:江戸時代の船の航路は、広島や神戸ではなく、大阪ー大分です。編集者の調べた出典の間違いによるものではないか、と思います。
# by future-scape | 2015-12-17 17:16 | トイレの家 作品紹介

トイレの家 Modulorでの紹介

「トイレの家」が、スイスの建築雑誌「Modulor」に掲載されました。

www.modulor.ch
e0331722_21485041.jpg


写真とともに掲載された、編集者による記事を翻訳しました。下記となります。

「スタイリッシュな小さなトイレ」

伊吹島に立つトイレの家の第一印象は、細かいピースに切り分けられたケーキのように見える。しかし、その劇的な形には、わくわくするような物語が隠されている。かつて(江戸時代)、島は、今よりははるかに高い知名度があった。しかし、現在、その名残も消え、地域の中心は四国本土に移り、文字通り、周縁に位置する島となった。同じことがトイレにも当てはまる。島のトイレは、母屋には置かれず、そこから離れて立っている。石井大五+フューチャースケープ建築設計事務所は、島にトイレをつくるにあたり、トイレの家を通して、島を中心に引き戻そうとした。この試みは、建物の中を通って行く特別なスリットによって実現されている。一部は、世界を代表する6都市、東京、ロンドン、ナイロビ、ニューヨーク、サンパウロ、シドニーに向かうルートに合わせ、残りは、夏至、冬至、そして、3つの島民の祭の日の午前9時の光の方向を示している。それらは、幾何学的な形の上に、すばらしい光の効果をもたらしている。デザインに際し、島の伝統的な建築ボキャブラリーに合わせ、建築家は、茶色を外壁に選んだ。

# by future-scape | 2015-01-10 21:51 | トイレの家 作品紹介